ホーム >> グローバルCOE(GCOE)

グローバルCOE(GCOE)


グローバルCOE「市場の高質化と市場インフラの総合的設計」(慶應義塾大学連携)

プログラムの概要

21世紀COEプログラム「市場の質に関する理論形成とパネル実証分析」で提唱した「現代経済の健全な発展・成長には高質な市場が必要だ」という新しい理論(市場の質理論)では,アメリカの住宅ローン市場におけるサブプライム問題,インターネットバブル崩壊後のアメリカで明らかになった不正企業会計など,現代経済の多くの問題が市場の質の低さに起因するとみる.この認識のもと,家計行動のパネルデータを構築し,理論と実証の両面から研究を行い,市場の質理論を確立した.研究員等の多数の論文刊行など,教育でも大きな成果をあげ,中間評価でも高い評価を受けた.また,海外の多数の大学や組織と協力関係を築き,広範囲な国際ネットワークを形成した.

本研究拠点では,市場そのものを内生的に捉える新しい経済学的視点を確立し,現実の経済における市場高質化のダイナミズムを明らかにする.そのために,法律,制度,組織,文化,倫理,慣習等,市場を取り巻く様々な要素の総体を市場インフラと呼び,市場の質と市場インフラの動学的関係を解明する.市場や市場制度に関する既存理論は,完全競争という理想的な状態と現実の市場との直接的比較(静学分析)に基づくことが多い.しかし実際には,一朝一夕に完全競争に転換できる市場は少ない.本拠点では,質の異なる様々な市場が完全競争市場を一方の端点としてスペクトラムを形成し,現実の市場は,市場インフラの変化とともに,スペクトラム上を内生的に少しずつ移動するとみる.本拠点の経済学上の目的は,こ.過程を理論・データ・実証の総合的視点から解明し,市場インフラの総合的な設計(コーディネーション)により漸進的な市場高質化を促すことで経済が健全な発展・成長と遂げる道筋を解明することにある.そのために、パネルデータが明らかにする知見を幅広い研究で補強し,「市場インフラのコーディネーション」という事前的かつ間接的な手法で市場高質化を図るという新しい政策理念の有効性を立証する.

同時に,将来にわたって本拠点の研究を発展させ,市場高質化を牽引する若手研究者を多数育成する.



グローバルCOE「人間行動と社会経済のダイナミクス」(大阪大学連携)

プログラムの概要

人間行動に基づく経済学を構築するために何より重要なのは、経済学の観点から人間の行動メカニズムを明らかにすることである。特に、時間選好、危険回避度、利他性、衝動性、流動性選好といった選好パラメターの計測が重要である。本拠点形成では、選好パラメターの計測手法として、伝統的経済学の統計手法、仮想的質問手法、経済実験手法、脳科学的手法を総合的に用いる。

本研究拠点では、以上の研究手法によって計測された人間行動の特性をもとに、従来の分析では捉えきれなかった社会経済のダイナミクスを明らかにする。具体的な研究領域は、

@時間選好、危険回避、利他性などの人々の選好特性および幸福感と経済環境との関連を明らかにする「選好・幸福感」
A家計の消費・労働供給行動を心理的側面を加味して分析する「家計行動」
B企業の投資行動、資金調達行動および投資家の行動等を分析する「企業行動」
C市場システムや経済組織の効率的設計を対象とする「制度設計」
D経済成長・景気変動を対象とする「マクロ経済」
E教育訓練の経済効果を分析する「教育・訓練」である。

これらの研究領域は相互に関連している。経済学研究者に求められているのは、新しい経済問題に直面した際に、高度な分析技術をもとに、新しい発想・手法を用いて研究し、解決策を提案し、研究成果を国際的に発表していく能力である。そのような能力をもった若手研究者を育成するために、本研究拠点は既に基礎的共通科目について徹底的な訓練を授業で行ってきた。大学院入学者には、数学準備コースも用意している。博士課程の学生は、COEプロジェクト演習に参加することで、パネル調査、経済実験などの新しい研究手法を学ぶ。このような教育体制が、特定の研究室に閉じこもらない学融合的な研究者を育成する。その上で、大学院生中心の国際会議、大学院生の海外研究機関への派遣、英文論文作成・報告指導により国際的論文発表能力の育成を行う。さらに、若手研究者をPDとして公募し、研究の最先端を担わせる。


ホーム >> グローバルCOE(GCOE)