EN

イベント

カテゴリ
日時
タイトル
報告者/場所
詳細
2021/12/23 (木)
17:00〜18:30
TBA
川崎 雄二郎 (名古屋工業大学)
本館1階会議室またはオンライン開催
2021/12/16 (木)
17:00〜18:30
Comparative ambiguity aversion across information sources: an experimental approach
Ryoko Wada (Keiai University)
本館1階会議室またはオンライン開催
2021/12/02 (木)
17:00〜18:30
TBA
Makoto Nirei (University of Tokyo)
本館1階会議室またはオンライン開催
2021/11/25 (木)
17:00〜18:30
TBA
Dai Zusai (Tohoku University)
本館1階会議室またはオンライン開催
2021/11/18 (木)
17:00〜18:30
TBA
Daisuke Hirata (Hitotsubashi University)
本館1階会議室またはオンライン開催
2021/11/12 (金)
16:30〜18:00
不動産の流動性からみる都市の姿
馬塲弘樹(京都大学)
未定

要旨:所有権移転登記は、不動産の変化を捕捉する際、包括的かつ正確な情報を有している。本報告では不動産の流動に着目し、移転登記目的別の流動量の空間的傾向や人口増減などの要因との相関関係を考察する。全体的な傾向として、移転登記件数は都市圏規模に比例する一方で、大規模災害などの事象によりその流動性を増加させる自治体も存在した。さらに、移転登記と地域環境変数との対応から、登記目的によって両者の相関の程度が異なることが明らかになった。上記の知見に加えて、本報告では国勢調査小地域単位あるいは3次メッシュ単位での追加分析も加え、考察を深める。このような不動産流動の理解は、土地・建物の管理の限界や、国庫へ帰属すべき土地の検討などにも関連すると考えられ、更なる分析を通して政策的含意へとつながる研究へ発展させる予定である。

 

《参考資料》

馬塲弘樹, 眞木仁, 高野佳佑, 清水千弘. 2021. 所有権移転登記情報からみた不動産市場の流動性—不動産流動統計を用いた分析—. CSIS Discussion Paper, 173.

2021/11/11 (木)
17:00〜18:30
Seeking feedbacks: conditional information disclosure under bilateral asymmetric information
Bin Chen (Huazhong University of Science and Technology)
オンライン開催
2021/11/04 (木)
10:00〜11:30
A Top-Down Approach Toward Understanding Deep Learning
Weijie Su (University of Pennsylvania)
オンライン開催 (Online Seminar)

主催 TEDS (TRANSDISCIPLINARY ECONOMETRICS & DATA SCIENCE SEMINAR)
https://qingfeng-liu.github.io/Econometrics_seminar.html

共催 共同利用・共同研究拠点プロジェクト研究 (Joint Research Program of KIER, Kyoto University)
共催 計量経済学セミナー(Econometrics Seminar of KIER, Kyoto University)

(登録者のみ参加可能)

2021/10/29 (金)
16:30〜18:00
Consumption access and the spatial concentration of economic activity: Evidence from smartphone data
中島賢太郎 (一橋大学)
未定

Abstract: Using smartphone data for Japan, we show that non-commuting trips are frequent, more localized than commuting trips, strongly related to the availability of nontraded services, and occur along trip chains. Guided by these empirical findings, we develop a quantitative urban model that incorporates travel to work and travel to consume non-traded services. We use the gravity equation predictions of the model to estimate theoretically-consistent measures of travel access. We show that consumption access makes a substantial contribution to the observed variation in residents and land prices and the observed impact of the opening of a new subway line.

配布資料:論文, 付録

2021/10/28 (木)
17:00〜18:30
TBA
Shunya Noda (The University of Tokyo)
オンライン開催
TOP