EN

イベント

都市経済学研究会

場所:京都大学経済研究所 本館1階 第二共同研究室 【アクセス】
(変更のある場合は別に記載いたします。)

 

時間:3時~6時(時間変更のある場合は別に記載いたします。)

 

世話人

文世一 (京都大学大学院経済学研究科) [HP]
森知也 (京都大学経済研究所) [HP]
大澤実 (京都大学経済研究所)
[HP]
町北朋洋 (京都大学東南アジア地域研究研究所)
[HP]
松島格也 (京都大学大学院工学研究科)
[HP]
山本和博 (大阪大学大学院経済学研究科)
松尾美和 (神戸大学経済経営研究所)
[HP]

 

連絡先

TEL:075-753-7120(秘書・中村) FAX:075-753-7198

Email: 

 

カテゴリ
日時
タイトル
報告者/場所
詳細
2015/11/13 (金)
16:30〜18:00
Spatial competition among retail gasoline stations in Japan
瀬谷創(広島大学)
京都大学経済研究所本館1階 第二共同研究室
要旨:Owing to a lack of statistics about gasoline prices at the gasoline stand (GS) level in Japan, there are hardly any studies attempting to identify the factors that influence the retail gasoline prices of each GS. We believe that this is the first attempt to tackle this problem. Using the fairly large spatiotemporal dataset of gasoline prices from 2008 to 2012, we estimate an empirical model of spatial competition among retail GSs. The theory of spatial competition suggests that retail gasoline price is affected by cost, demand, and spatial competition; therefore, these three factors are considered in our empirical analyses. For the first two factors, we introduce various types of spatially fine GIS data, including land prices (cost), population density (demand), etc., and their impacts are statistically verified. The spatial competition factor is considered by employing the latest spatial econometrics/social interaction models, in which spatial price completion can be modeled fairly directly.
2015/11/13 (金)
15:00〜16:30
エリアマネジメントによる地価への影響の定量分析
要藤正任(京都大学)
京都大学経済研究所本館1階 第二共同研究室
要旨:まちづくりに おいて近年注目されている「エリアマネジメント」の効果を把握するため、都市再生整備計画を策定している全国の市町村を対象に実施したアンケート調査の結 果をもとに、ヘドニック・アプローチを用いて地価への効果を分析する。分析の結果、商業地においてはエリアマネジメント活動が地価に対してプラスの効果を もたらしている可能性が示される。
2015/10/02 (金)
16:30〜18:00
ロジット・モデルのq一般化とツァリス・エントロピー
中山晶一朗(金沢大学)
京都大学経済研究所本館1階 第二共同研究室
要旨:交通モデル・ 都市モデルで多用されるロジット・モデルは、ガンベル分布に従う確率的ばらつきを持つ効用が最大となる選択肢 を選択する離散選択モデルである。ガンベル分布は極値分布であるが、ガンベル分布を含むより一般的な極値分布に一般化極値分布がある。ガンベル分布を一般 化極値分布に置き換え・拡張することで、ロジット・モデルを一般化できる.この一般化はツァリス統計やq一般化(q-generalization)と関 連がある。このようなツァリス統計の枠組みでロジット・モデルを一般化する。このような一般化ロジットモデルによって、より精緻な推定やよりフレキシブル なモデル構築が可能となる。
2015/10/02 (金)
15:00〜16:30
トリップ・チェイン型交通均衡配分の展開:長期予測と長期動学的課金問題への応用
円山琢也(熊本大学)
京都大学経済研究所本館1階 第二共同研究室
要旨:Wardrop 型交通均衡配分を拡張したトリップ・チェイン型均衡配分は、コードン型/エリア型などの次善混雑課金の評価に有用である。しかし既存の手法は、短期の予測 のみを想定しており長期予測に利用できるものではなかった。本発表では、パーソントリップ調査などの交通調査のマスターデータの特性を利用することで、簡 易に長期予測が可能な拡張例を示す。このモデルを利用した課金導入・変更時期なども考慮した長期動学的料金設定問題への展開などを示す。
2015/09/04 (金)
16:30〜18:00
The cost of travel time uncertainty in truck freight transportation
瀬木俊輔(京都大学)
京都大学法経済学部東館8階 リフレッシュルーム
2015/09/04 (金)
15:00〜16:30
Output endogeneity in railroad cost function
北村友宏(神戸大学・院)
京都大学法経済学部東館8階 リフレッシュルーム
2015/07/03 (金)
16:00〜18:00
江戸期郡村史データに基づく村落ネットワークのクラスタ解析
青木高明(香川大学)
京都大学法経済学部東館8階 リフレッシュルーム
2015/06/12 (金)
16:30〜18:00
Joint provision of international transport infrastructure
文世一(京都大学)
京都大学法経済学部東館8階 リフレッシュルーム
要旨:We consider the following scheme for the development of international transport infrastructure: two countries jointly establish an operator of the infrastructure that are responsible of collecting the user charge, maintenance, etc.; the costs for infrastructure investment are covered by financial contributions from two countries; and the revenue from infrastructure charge is distributed according to the share of contributions. The governments of two countries choose the amount of contribution so as to maximize the national welfare. Assuming that the infrastructure use is non-rival, we show that financing infrastructure by the revenue from user charges is better than …financing by tax revenue. We extend the analysis by incorporating congestion in infrastructure use. It is shown that independent decisions on contributions by two governments attains the first-best optimum when the operator sets the user charge so that the toll revenue just covers the cost for the investment. We further examine the condition that joint provision is realized in Nash equilibrium.
2015/06/12 (金)
15:00〜16:30
鉄道事業におけるヤードスティック運賃規制と生産性
水谷淳(神戸大学)
京都大学法経済学部東館8階 リフレッシュルーム
2015/05/29 (金)
16:30〜18:00
Price impacts of environmental services and the attractiveness of architectural form: Recent experiences
Kay Axhausen(チューリヒ工科大学)
京都大学法経済学部東館8階 リフレッシュルーム
TOP