JP

Events

Urban Economics Workshop

Venue: Seminar Room 2, Institute of Economic Research, Kyoto University

 

Contact:

 

Se-il Mun (Kyoto University) [HP]
Tomoya Mori (Kyoto University)
Minoru Osawa (Kyoto University) [HP]
Tomohiro Machikita (Kyoto University) [HP]
Kakuya Matsushima (Kyoto University) [HP]
Kazuhiro Yamamoto (Osaka University)
Miwa Matsuo (Kobe University) [HP]

Category
Date
Title
Presenter/Location
Details
2018/03/16 Fri
15:00〜16:30
Returns from collaboration in knowledge creation (joint with Tomoya Mori and Shosei Sakaguchi)
妹尾康代(京都大学・院)
京都大学経済研究所本館1階 第二共同研究室
要旨:This paper shows evidence for a microeconomic mechanism of collaborative knowledge creation proposed by Berliant and Fujita (2008) using the panel data of patent development in Japan. Researchers communicate via common knowledge, and innovate by utilizing differentiated knowledge of each other. A longer duration of collaboration between a pair of researchers increases their common knowledge which at the same time accumulates differentiated knowledge between them and the rest of the researchers. Facing polyadic interactions, individual researchers collectively determine the set of collaborators to interact, and hence the fraction of time a researcher spends with each of her collaborators, so as to optimize the composition of common and differentiated knowledge between a given researcher and each of her collaborators. We also show additional evidence for creative destruction, positive influence of local spillovers as well as transport accessibility.
2018/02/16 Fri
16:30〜18:00
地方圏への新規流入外国人の政策的誘導
石川義孝(京都大学)
京都大学経済研究所本館1階 第二共同研究室
2018/02/16 Fri
15:00〜16:30
Conflict between human and wildlife in a city: spatial efficiency of land use
吉田惇(東北大学・院)
京都大学経済研究所本館1階 第二共同研究室
2017/12/06 Wed
16:30〜18:30
Educational choice, rural-urban migration and economic development
Ping Wang(Washington University in St. Louis)
京都大学経済研究所本館1階 第二共同研究室
要旨:Observing rapid structural transformation accompanied by a continual process of rural to urban migration in many developing countries, we construct a micro founded dynamic framework to explore how important education-based migration is, as opposed to work-based migration, for economic development, urbanization and city workforce composition. We then calibrate our model to fit the data from China over the period from 1980 to 2007, a developing economy featuring not only large migration flows but major institutional reforms that may affect work and education based migration differently. We find that, although education-based migration only amounts to one-fifth of that of work-based migration, its contribution to the enhancement of per capita output is larger than that of work-based migration. Moreover, the abolishment of the government job assignment for college graduates and the relaxation of the work-based migration have limited effects on economic development and urbanization. Furthermore, the increase in college admission selectivity for rural students plays a crucial but negative role in China's development, lowering per capita output and worsening the high-skilled employment share in urban areas.
2017/11/17 Fri
16:30〜18:00
在庫管理費用を考慮したチェーン店の立地分析
瀬木俊輔(京都大学)
京都大学経済研究所本館1階 第二共同研究室
2017/11/17 Fri
15:00〜16:30
A macroscopic approach for optimizing road space allocation of bus lanes in multimodal urban networks through simulation analysis
壇辻貴生(東京工業大学・院)
京都大学経済研究所本館1階 第二共同研究室
2017/10/06 Fri
16:30〜18:00
Railroads, technology adoption, and modern economic development: Evidence from Japan
山﨑潤一(神戸大学)
京都大学経済研究所本館1階 第二共同研究室
2017/10/06 Fri
15:00〜16:30
Applicability of agglomeration to tourism economics
安達有祐(名古屋大学・院)
京都大学経済研究所本館1階 第二共同研究室
要旨:The purpose of this study is to examine applicability of agglomeration effect on tourism economics. For this purpose, this study test the hypothesis that tourists have "love of variety''. To test the hypothesis, we suggest a theoretical model of tourists' destination choice, which is based on the Dixit-Stiglitz model of monopolistic competition. We test the hypothesis using data on five residential countries and nine destination countries in the EU. The results show the number of firms in the destination affects the tourists' destination choice. In other words, tourists' preference exhibits love of variety. Hence, the theory of agglomeration can apply to tourism economics.
2017/09/15 Fri
12:30〜18:35
空間経済学における構造モデル分析:理論および数値解析の方法
高山雄貴(金沢大学)・大澤実(東北大学)
京都大学経済研究所北館2階 N202講義室
【集中講義】 概要:集積の経済を考慮しつつ、かつ実多地域経済を前提とした構造モデル分析が浸透しつつある。この現状を踏まえ、本講義では構造モデル分析の前提知識として重要となる理論および数値解析技術に入門し、今後の研究展望を議論する。まず、均衡モデルの性質を調べ求解するために有用な相補性問題・変分不等式問題の理論と、複数均衡下における均衡解の挙動を理論的・数値的に調べる上で重要となる分岐理論に入門する。例として、比較的単純な仮想多地域経済における内生的な集積形成の厳密理論解析および数値解析を議論する。次に、大規模な均衡問題に対する汎用的な数値解析技法を導入し、応用例として、スーパーコンピュータを用いた多地域・多産業モデルの数値解析を議論する。更に、複数均衡を前提とした実空間を対象とする反実仮想実験への展望とその課題について整理する。
2017/07/21 Fri
16:30〜18:00
地域の雇用と人工知能(浜口伸明と共著)
近藤恵介(経済産業研究所)
京都大学経済研究所本館1階 第二共同研究室
要旨:近年、人工知能・ロボット・自動化に関する急速な技術進歩により人々の雇用が奪われるのではないかという懸念が高まっている。そこで本研究では、職業別のコンピュータ化確率と日本の雇用データを用いて、コンピュータ化に対する雇用リスクを分析する。本研究の特徴として、職業の地理分布は国内で均一ではなく、ある職業は都市に多く、またある職業は地方に多いということが観測されていることから、特に地域の異質性を考慮することにある。同様に、職業の地理分布は男女別にも異なることから、男女別・都市規模別という観点からコンピュータ化に対する雇用リスクを分析する。分析の結果、男性の場合、大都市圏ほどコンピュータ化されにくい職業に就いている労働者の割合が高く、コンピュータ化に対する雇用リスクが低くなる一方で、女性の場合、全く逆の傾向を示すことがわかった。つまり、大都市圏ほど、男性に対して女性はコンピュータ化に対する雇用リスクが相対的に高いということである。また、コンピュータ化確率の高い職業ほど就業者の平均教育年数の値が低い傾向にあり、コンピュータ化されにくい職業へ転職するには追加的な人的資本投資が必要とされることが示唆される。政策的含意として、多くの先行研究が指摘するように、コンピュータによって代替されにくい職業や今後生まれる新たな職業へ容易に転職ができるよう、人的資本の底上げは重要であると考えられる。また十分な人的資本を保有しているにも関わらず、コンピュータ化確率の高い職業に留まっている就業者も観測されており、潜在的に持っている能力を十分活用できるような雇用流動化を支える政策が重要になってくる。さらに、人工知能の支援によってビジネス効率化とよりよいワーク・ライフ・バランスの双方が実現されれば長時間労働が必要でなくなり、労働者の能力に基づいて評価される雇用環境を整備することは、女性活躍推進という点からも必要になってくるだろう。
TOP