ADBIKIER  製造業従業員 教育訓練データ
 (タイ・フィリピン)

ADBIKIER Employee Survey on Education and Training
for Selected Manufacturing Firms
in Thailand and Philippines

Japanese/English

*******************************************************************************************

京都大学21世紀COEプログラム「先端経済分析のインターフェース拠点の形成」・「経済情報解析研究グループ」では、有賀健教授によって、教育と訓練の経済効果に関する大規模なサーベイ・実証研究のプロジェクトが遂行されています。その成果の一環として、以下のデータベースを、学術研究目的に限り、希望者に公開します。

ADBI KIER  製造業従業員 教育訓練データ (タイ・フィリピン)

概要

本データは、アジア開発銀行研究所( ADBI )の資金援助のもとで、京都大学経済研究所 有賀 健 教授を中心とする共同研究者が、 2001 年に実施した、製造業 47 社の従業員約 4000 名の従業員からの聞き取り調査および対象企業提供のデータからなる。第一の特徴は、訓練について 1998-2002 年の年度毎に、その内容・時間について詳細な情報と同期間の年度別賃金を含むことである。また、教育、家庭環境、出身地域、家族構成についても詳細なデータを得ている。データは教育、訓練の効果やその相互作用を分析するのに適している。一方、サンプル企業が大規模企業に限られており、当該国全体の労働者全体の母集団からはかけ離れたサンプルであることに留意する必要がある。
本データを利用した、共同研究の成果の一部は、アジア開発銀行研究所のウェブサイト(下記)及び、有賀教授の HP
http://www.kier.kyoto-u.ac.jp/~ariga/e-page.htm )に掲載されている。

ADBI の該当サイト

http://www.adbi.org/publications/dp/summary.pdf

http://www.adbi.org/publications/dp/trwage.pdf

http://www.adbi.org/publications/dp/seqsch_screening_philippines1.pdf

http://www.adbi.org/publications/dp/specific_hc3.pdf

http://www.adbi.org/publications/dp/returnssch_thaiphil2.pdf

http://www.adbi.org/publications/dp/training_on_wagegrowth.pdf

http://www.adbi.org/publications/dp/default_auther.asp


データ利用希望の方へ

本データを利用希望の方は、以下の要件を記入の上、電子メールあるいは郵便で連絡ください。本データはエクセルファイルですが、希望者には汎用のフラットファイルで提供することも可能です。なお、データ利用は基本的に学術研究目的に限定します。

  1. 申請者 氏名、所属 連絡先 (電子メールアドレス、郵送先、電話番号)
  2. データを利用して実施を計画している研究内容の簡単な紹介( 200 字程度)
  3. 希望するデータ提供の形態:圧縮ファイル( zip, あるいは exe  約 2.4 MG )あるいは CD-R (郵送)


申し込み先

電子メールの場合: 

郵送の場合:
〒606-8501 京都市左京区吉田本町 京都大学経済研究所内
「グローバルCOE事務室」宛

*******************************************************************************************

ADBI KIER Employee Survey on Education and Training for Selected Manufacturing Firms
in Thailand and Philippines

The ADBI-KIER is based on the survey conducted by a research team headed by Kenn Ariga at KIER and it is funded by Asian Development Bank Institute. The survey covers roughly 4000 employees at 47 selected manufacturing firms in Thailand and Philippines . The data includes detailed information on types and time spent on various trainings each employee received during 1998-2002. The data also contains average wage rate for the same period. This portion of the data comprises 4 year panel for the sample employees. The data also covers education, family background and region of birth. The data is thus suitable for analyses of impacts of education and training on wage, as well as their interactions. On the other hand, the data covers only employees from large scale firms. As a result, the sample employees are not very representative of the workers in the two countries.
Some of the research outputs using this data can be found in ADBI websites(listed below), as well as in the home page of Professor Ariga ( http://www.kier.kyoto-u.ac.jp/~ariga/e-page.htm

ADBI websites

http://www.adbi.org/publications/dp/summary.pdf

http://www.adbi.org/publications/dp/trwage.pdf

http://www.adbi.org/publications/dp/seqsch_screening_philippines1.pdf

http://www.adbi.org/publications/dp/specific_hc3.pdf

http://www.adbi.org/publications/dp/returnssch_thaiphil2.pdf

http://www.adbi.org/publications/dp/training_on_wagegrowth.pdf

http://www.adbi.org/publications/dp/default_auther.asp


To obtain data:

The data is now available for anyone interested in conducting scientific or policy researches for non-commercial purposes. The data files are in excel format, but, we can also provide data in ASCII flat files. To apply, send e-mail or write to:

[e-mail]

[address]
GLOBAL COE Program Office
Institute of Economic Research
Kyoto University
Yoshidahonmachi, Sakyo-ku
Kyoto 606-8501
Japan.

The application should include the following information.

  1. Name of applicants, affiliation, e-mail and mailing addresses and telephone number.
  2. A brief description of the research project in which the data is used.
  3. Preferred data format (zip or .exe file sent via e-mail, or CD-R via air mail).